今世では、お金に恵まれる時はこないかもしれません。

木曜日のダウンタウンの番組を良く見ていて、有名人のファッションにかけている金額だとか、自宅公開など、「お金あっぞぉ!」って言いたいのね、と思うようなプライベートを垣間見せてもらうことがあります。

 

娘達も一緒に見ていて、
「叶姉妹って、いったいどこからお金が入ってくるのかなぁ。」などど、興味津々だったりします。

 

若いと、美容やファッションにお金が際限なく欲しいのは、私にもわかります。
それが叶っている彼女たちは「羨ましい」の一言に違いありません。

 

娘達の知人には、夜のお店で働き、高額な収入を得ている娘も多いようです。
それはそうだよなぁ、と思います。

 

今の世の中では、お金がかかりすぎると思うからです。
お金借りるしかないような時も多いです。

 

何故なら基本的に所有する物が多すぎるからです。

 

車だって、一家に一台以上、携帯電話も一人一台、家電製品も多くなったし、私が子育てしていた時代から考えると、みんなどうやってやりくりしているのか、不思議に思ってしまいます。

 

つい、この前も、私の運転する車を修理に出すことになり、ボーナスの使い道はこれでほぼ消えてしまいました。

 

お金の心配をせずに生活ができる時は、今世ではないのかもなあ、と、ちょっと情けなくなります。

 

私には孫が3人いるのに、
「いいよ!これ、欲しいのね、買ってあげるからね!」などとは、一度も言えません。

 

みんなで外食しても、申し訳ないことに、割り勘なのです。

 

できることなら、
「おばあちゃんの家に行くと、何でも買ってくれる!」と、会いにくるのを楽しみにしてほしいのに、それができないことに、溜息をつく毎日なのでした。